お金・転職・仕事・アフィリエイトで結果を出すための実用知識の集大成

MMG4.com

仮想通貨

NOAH・MAXBOX・PGC・JPGCでフィリピン市場と仮想通貨を考察

更新日:

仮想通貨をやっていると、フィリピン市場が熱いという話をよく聞きます。そこでPGCやNOAH、MAXBOXなどの仮想通貨について調べてみました。

NOAH

フィリピンの仮想通貨で、PGCやMAXBOXよりも先に上場したコイン。ICOで売り出した当初は詐欺と言われるなどしたが、HitBTCに上場したらすぐに10倍〜3倍程度に価値が上がり、滑り出しは上々となった。マーケティングや売られない仕組みが上手く他のコインよりも長期保有できそうな雰囲気があると思われていましたが、その後急激に下落、一時期、1NOAH=1円を切るところまでいきました。ICOで買った人が上場後に一気に売りに走ったという事でしょう。

ICO時に購入したコインを使わなければ年間20%のボーナスが40年間に渡って配布される仕組みがある事や、ノアシティと呼ばれるレジャー施設やインフラ、有機農業など多岐に渡ってフィリピン市場に溶け込む構想がなされているので僕は長期保有してみることにしました。

エアドロップをしないと年間20%ボーナスは受けられず、またNOAHを少しでも使ったら年間20%ボーナスは得られないなどICOでノアコインを取得した人には注意点が多少ありますね。MEWでエアドロップできますが、ノアコイン専用のウォレットは未だに完成していない状況など、気になる点は多少あるコインです。

その後は2つ目の取引所に上場しました。今後に期待して経過を見ていこうと思います。

https://coinmarketcap.com/ja/currencies/noah-coin/

当サイトのノアコイン解説ページ

PGC

PGCはフィリピン・グローバル・コインという名前で、フィリピン政府の仮想通貨と思われがちだが、日本の会社が作り、フィリピン大統領の弟が間接的に関わっているとのこと。しかし、詐欺情報も出ており現状では雲行きがあやしい感じです。マニラ新聞によればフィリピン大統領の弟のエマヌエル・ドゥテルテ氏はすでにPGCとは関係を断ち、JPGC(ジャパン・フィリピン・グローバル・コイン)の発行を目指しているという記事が出ていました。
http://www.manila-shimbun.com/category/society/news237140.html

普通に読めていたものが今では会員限定記事になっていて読めなくなっています。ネットで調べると紙媒体のマニラ新聞を掲載しているサイトもあるので確認できかもしれません。

その後、JPGCの取締役が逮捕されたいう情報が出てきました。

さらにそこにはPGCの発行元がJPGCという書かれ方もしているので、マニラ新聞の内容はなんだったのか?というような状態^^;

PGC-ICO仮想通貨というツイッターでは下記のようなツイートがされています。

まとめると下記のようになります。

  1. エマヌエル・ドゥテルテ氏がPGCと手を切りJPGCと仮想通貨発行と報じられる
  2. しかしPGCとJPGCは同じ
  3. PGCの会社の取締役が逮捕
  4. PGC社長逮捕情報を否定(社長ではなく取締役ですという事でしょうか)

このように前評判から急激にネガティブな情報が多くなったPGC、フィリピン市場でノアコインやマックスボックスとどう戦っていくのか、という状況のようです。

公式ページ?と思うほど以前は素人臭いサイトでしたが、多少マシになっています。
http://www.pgc.ph/

MAXBOX

フィリピン市場を狙うNOAHやPGCと比べそれほど有名ではないのがMAXBOXという仮想通貨。ホワイトペーパーを見る限り銀行などとも提携できておらず、まだ現実に向けての動きは乏しいような印象。しかしこれは他のPGCやノアコインも同じ状況のようなので、デメリットとは言えないでしょう。

MAXBOXを購入してからだいぶ経ちましたが、連絡もほぼきませんでした。しかし、ノアコイン上場後にMAXBOXも一通だけメールが送られてきました。現在はBSP(フィリピン中央銀行)に仮想通貨交換業者の登録申請をしているところとのこと。その後音沙汰無しというノアコインやPGCと比べると、最も沈黙度の高い仮想通貨といえるでしょう。

考察


個人的にはノアコインを約20万円分(当時)程度持っているので、今売れば利益になる状況。ただし長期保有する予定なので様子見中。MAXBOXも少々持っています。PGCは現在は持っていません。JPGCについて情報を得つつ、フィリピンと仮想通貨市場を引き続き分析していきます。

おそらくフィリピンで何らかのコインがシェアを占めるようになると思いますが、それを考えると、残りのコインは消える可能性が高いという事。大暴落して一つだけ普及する可能性があるので、一番マーケティングが上手そうなノアコインを多めに買っておきました。

フィリピン三国志的にどの国がフィリピンの仮想通貨市場を勝ち取るのかが面白いと感じます。

-仮想通貨

Copyright© MMG4.com , 2019 All Rights Reserved.