お金・転職・仕事・アフィリエイトで結果を出すための実用知識の集大成

MMG4.com

仮想通貨

仮想通貨の始め方(準備編)一気にわかる仮想通貨

更新日:

仮想通貨を今から始めたい初心用に解説をしていく。
このページを読むだけで初心者的な疑問の多くは解決されるので、ぜひ読んでみてほしい。

暗号通貨と仮想通貨の違いとは?

まず仮想初心者の最初の疑問は、仮想通貨と暗号通貨の違いだろう。
これは呼び名が違うだけで、同じもの。

暗号通貨はインターネット上のお金で、暗号化された状態で取引できる通貨のことだ。
仮想通貨というのは日本だけの呼ばれ方なのだ。

海外では暗号通貨という名称が一般的だ。
日本では和訳の際に仮想通貨となり、そのまま言葉が広がってしまった。
そのため仮想通貨という呼び名と、暗号通貨という呼び名があるわけだ。

仮想通貨とは? 全体像と流れを解説


仮想通貨で代表的なものはビットコインだが、その他にも多くの仮想通貨がある。
ビットコインをはじめ、イーサリアム、リップル、ライトコインなど、インターネットで取引できる多くの通貨の総称が仮想通貨ということだ。

初心者はビットコイン = 仮想通貨(暗号通貨)
という認識になりがちだが、そうではなく仮想通貨の中の一つにビットコインがあるだけなのだ。

仮想通貨は現在では1000以上の種類があると言われるので、まさにこれからの通貨という状態なのだ。

最初の仮想通貨、ビットコインで成り立ちがわかる


現状最も有名な仮想通貨はBitcoinだろう。
ビットコインの成り立ちは2008年にサトシ・ナカモトの論文が出たことに始まる。

その論文に書かれているのは現在の日本銀行→銀行のような中央集権型の仕組みではなく、分散管理型のシステムを使う仮想的な通貨の話だった。

この分散管理型の仕組みがブロックチェーンと呼ばれるもので、それを使用した最初の仮想通貨がBitcoinだったわけだ。

流れとしてはこうだ。

Bitcoinからの歴史

サトシ・ナカモトの論文が出回る(分散管理型のシステム)

ブロックチェーン(技術)の開発

ビットコインがリリース

Bitcoinなど1000種類以上の暗号通貨が出回る

 

というのが現状までの流れである。

Bitcoin提唱者のサトシ・ナカモトとは

世界で最初の暗号通貨がBitcoinであり、その提唱者がサトシ・ナカモトといわれる人物だ。
この人物は日本人のように聞こえるが、国籍や本名など多くが謎のままになっている人物とされている。

サトシ・ナカモトが行ったのはビットコインプロトコルと、そのリファレンス実装であるBitcoin Core (Bitcoin-Qt) を作ったこと。

まずは2008年に、metzdowd.comの暗号理論に関するメーリングリストに発表。
つぎに2009年は、ビットコインのソフトウェアをネット上で発表し、ビットコインの最初の採掘と運用を行った。
これが2010年半ばまで続く。

その後、ソフトのソースコードリポジトリ管理やプロジェクトの管理などあらゆるものを他人へ任せ次第に消えていく。
このサトシ・ナカモトの所有するBitcoinは約100万BTCと言われている。
現在のレートでは約2000億円だ。

一説には殺されているとか、私がサトシ・ナカモトだと名乗り出るものなどもいて、サトシ・ナカモト探しが行われている。

ここから多くの暗号通貨が、このサトシ・ナカモトの理論の上に作られてくるわけだ。

ちなみにビットコインが最初の暗号通貨なので、ビットコインはビットコインと呼ばれているが、その他の暗号通貨はアルトコインと呼ばれている。

Bitcoinとアルトコインは両方とも暗号通貨で、同じように暗号通貨の1つの種類にすぎない。
ただ、元祖がBitcoinであり、その後の暗号通貨はアルトコインという呼び名でまとまっているのを覚えておくと、知識を整理する上で理解しやすいだろう。

では、次に仮想通貨の仕組みを解説する。

仮想通貨の仕組みとは

先ほどのサトシ・ナカモトによるビットコインの開発だが、その仕組みを見ていこう。
分散型のシステムやブロックチェーン技術など、これは他の仮想通貨でも基本的には同じ仕組みとなっているものなので、知っておくべき知識だ。

分散型システムとは

仕組み的には、デジタル化された分散型の通貨のことで、インターネットを使うことによって保有・取引ができる。

この分散型と言うのは、今までのお金の常識では中央集権的な政府(日銀)や銀行などによってお金が管理されている状態であったが、分散型の管理システムを持つ暗号通貨は、世界中の個人間のコンピューターで分散型台帳のコピーが作られる管理システムなのだ。

これを誰もがインターネットを使って見てる(見ることができる)ので安全性が高いとされる管理方法のことである。

つまり、下記のようなことだ。

日本円・・・・・国や銀行が管理
仮想通貨・・・分散されて管理

1箇所より分散されていた方がセキュリティも強力という理論であり、国に左右されない取引ができるなどの魅力が語られていることが多い。

ブロックチェーン技術

このようにビットコインをはじめとする仮想通貨の仕組みを語る上でポイントになるのがブロックチェーンと言う技術だ。

その技術が元となり分散型のシステムが安全であると言われているのだ。
これはチェーンのように古いデータから新しいデータに繋がって行く仕組みで、これにより不正がされないと言われている。

このような仕組みで安全と言われていたが、日本でマウントゴックス事件が起き、ビットコインは暴落する。

Bitcoinとマウントゴックス事件

さて、覚えている人もいるかもしれないが、以前Bitcoinが有名になったことがあった。
これから普及するかも・・・と思わせるほど話題になってきた頃、マウントゴックスという取引所が突如破綻し、大損した人が大量に発生した・・・・と言われている。

マウントゴックス事件は、ビットコインを取り扱う取引所の事件として有名だ。
これは取引所の破綻により、ビットコインの暴落につながった。
その破綻の原因は、社長が横領していたことである。

なので安全性に疑問がもたれ、暴落する中、その後問題が起こらないように強化されつつ、仮想通貨方もできたのだ。

その流れで最近は仮想通貨バブルと言われるほどとなり、その筆頭がBitcoinとなっている。
ただし、実際は中国や北朝鮮の動向により、仮想通貨は乱高下を繰り返している。

それでも当初から比べると仮想通貨市場は膨れ上がり、まだまだこれから伸びて、仮想通貨を使うことがあたり前になる社会が来ると言われているのだ。
しかも世界規模で・・・である。

ではなぜそのように仮想通貨ブームがきているのだろうか?

仮想通貨ブームはテクノロジーへの未来投資

今このページを見ている人はインターネットを使ってみており、さらに pc やスマホタブレットなどを使ってみているはずだが、当初インターネットは検索機能もなくとてもマニアックなもので普及していなかった。

ものすごく初期の日本では、日本からアメリカの某室内にあるコーヒーメーカーを覗けると言うだけがインターネットの性能だったりもする。

この当時では全然すごくないのだが、 多くの企業がインターネットの可能性を信じ、ホームページやブログが発明されたり、Googleによる検索機能、スマホやタブレットなどでどこでも見れる様になったりと今では当たり前になっている。

このことから考え、ビットコインをはじめとする暗号通貨も、多くの企業が参入することによってインターネットと同様に皆が当たり前に使い出す様になると考えられているのだ。

多くの企業が参入するという部分ではマイクロソフトで有名なビルゲイツを始め、多くの有名企業がすでに参入している事実がある。

このためそれらの企業が多大な投資をしている暗号通貨は、発展すると信じられ価値が上がっていくものとされているのだ。

つまり需要が増えるとその価値が上がっていく。

需要を増やせるような企業がすでに目をつけ投資をしていることで、このテクノロジーは未来で普及するという可能性が濃いとして仮想通貨ブームがきていると読み解けるだろう。

そしてその仮想通貨には発行上限があり、マイニングにより自動的に発行上限に近づくため、どんどんと価値も上がり入手しにくくなっていくのだ。

2010-03-22にビットコインの最初の取引が行われた。
最初はピザ1枚を1万ビットコインで買ったという取引があり、これが仮想通貨での取引のスタートとなる。
当時はビットコインの価値が低かったため900円程度の価値であるが、現在では30億の価値を持つ。

これによりビットコインがお金としての価値を持ち始める。
その後多くの人が取引を行い始めることとなる。

5年で2400倍まで膨れ上がったビットコインはその投資価値が知れ渡り、日本でもブームがやってくる。
そしてマウントゴックス事件が起こり、仮想通貨法ができ、現在またブームがきて価値が上昇しているわけだ。

例えばこれから価値が上がる暗号通貨に投資しておくと、1円の価値しかない仮想通貨を10円で買ったとする。
その後、その仮想通貨の価値が1000円になったらどうだろう?

これは10円で買っていたものが膨れ上がり1万円になったということだ。
つまり、9990円の儲けが出たことになるのだ。

これを100円分かっていたら?
1000円分買っていたら?
もっと値上がりしたら?

ビットコインでのピザ取引のように後々莫大な利益を得られるのではないか?
という考えがブームの引き金となっているようだ。

そのブームに乗っかって詐欺的なことを行う業者も出てくるもので、被害も多々あるという。

また、甘い話には罠がつきものなので、誰でも儲かるとか、必ず数年後には何千倍に膨らむなどという話は、自分の知識を高めないと引っかかって大損することになるので注意していただきたい。

その点、自分で選び、仮想通貨を学ぶ目的で数千円や数万円でやる分にはとても可能性のあるものなので、実際に取引するにはどうしたらいいのか?という点についても解説しておこう。

マウントゴックスで悪いイメージがついてしまったが、そこから世間的にも多少リテラシーが上がった感がある。
その意識で取引所というものを知っていって欲しい。

取引所での仮想通貨取引の流れ

暗号通貨(仮想通貨)は、どこで買うのかというと、取引所で買う。
取引所にお金を入金し、インターネット上の取引所のサイトにログインし、ここで入金したお金が反映されるのを待つ。

その後、反映されたら、その取引所の中にある暗号通貨の種類を選び購入する。
それだけだ。

あとはこの仮想通貨が毎秒毎分などで価値が上下する。
投資的に仮想通貨を買っている人は、価値が低い時に買い、高くなったら売る。
これでその差益を稼いでいるのだ。

簡単そうだが、購入金額と売値には差があるので、50万円で1BTC(Bitcoin)買ったとしても、すぐに売ると48万円などでしか売れず、必ずマイナスになってしまう。

なので、価値が上がるものを買わないと、どんどん価値が下がる場合、損をするということなのだ。

さて、取引所に入金 → サイトにログイン → 購入
という手順がわかったところで、どうやったら取引所に登録して仮想通貨を購入できるようになるのかを解説する。

取引所への登録方法

まず取引所はたくさんある事を知っておいて欲しい。
1つではなく、多くの取引所が世界中にある。
これは何を意味するのかというと、扱っている暗号通貨の種類が違うのだ。
ビットフライヤーという取引所ではBitcoin・ライトコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・ビットコインキャッシュという暗号通貨を取り扱っているとする。

rippleという仮想通貨が欲しくてもビットフライヤーになければrippleは買えないのだ。
だから買いたい仮想通貨がある取引所を探し、そこに登録して買うという手順になる。

例えばコインチェックという取引所に登録すればrippleがあるので購入できるという事だ。

また、その際、手数料は忘れずにチェックするように。
手数料で大きな違いがあるので、その辺も利益に影響するということを覚えておいていただきたい。

どの取引所も基本的な登録手順は同じだ。

取引所登録の手順

1. 取引所のサイトにメールを登録

2. 個人情報を入力

3. 身分証明の写真を添付してネット上で送信

4. 自宅などでハガキを受け取ることで本人確認が終了

5. その取引所に入金する

6. 入金が反映されたら、欲しい仮想通貨を購入

 

以上だ。

これは驚くほど簡単で、スマホと身分証明書などがあればネット経由で即できてしまう。

私もパスポートなどの身分証をスマホで撮影し、サイトに添付して送ったわけだが、「身分証の提出完了」などと表示が切り替わるので、安心感もある。

ちなみに売買にかんしても暗号通貨はボタンを2、3回押せば売り買いできるので、難しい事はない。
スマホのアプリをダウンロードすれば、スマホでも2、3タップするだけで売買が可能だ。

仮想通貨を売ると、取引所の自分の画面に金額が表示される。
そのままだと取引所のままなので、また暗号通貨を購入してもいいし、自分の銀行へ振り込んでもらってもいい。

やってみると驚くほど簡単だが、登録に時間がかかるので登録だけは早めに行っておくといい。
この仮想通貨は絶対値上がりする!という確信が持てたとして、登録していないとすぐ買えず、機会を逃してしまうからだ。

登録の後に入金は自由だが、買いたい時に買えないので、登録→入金のうち、登録の段階だけは済ませておいた方がいいだろう。

特にお金がかかるものでもないので、仮想通貨をやろうとしている人は、とりあえず練習がてら登録してみるといい。

暗号通貨初心者はどの取引所でやるのがいいのか?

知識のないうちにあまり本気でやらないように注意しつつ、現状では数百円や千円でも購入できるので、練習には良いだろう。

登録する取引所は色々あるが、資金やバックボーンがしっかりしている取引所などから始めるのがおすすめだ。
下の2つの取引所は、操作性もシンプルでわかりやすく、遅滞などもなく、登録の対応も早い。
CMなどもやっているメジャーどころなので、変に悪い事をする確率も他よりは低い。

他の取引所は1ヶ月経っても登録が終わらないなど、個人情報を提出させておいて驚きの対応を取るので、安心して登録できるものから登録し、練習と知識をつけてから拡大させるのがおすすめだ。

私も使っているが、「ビットフライヤー」は私が使っている実感として、しっかりしていると言えるので、初心者の入門取引所としてはおすすめだ。

ビットフライヤーに登録するなら下の画像から登録可能なので、興味のある人は覗いてみるといいだろう。

-仮想通貨

Copyright© MMG4.com , 2019 All Rights Reserved.