お金・転職・仕事・アフィリエイトで結果を出すための実用知識の集大成

MMG4.com

仮想通貨

仮想通貨用語集

更新日:

ここでは仮想通貨でよく出てくる用語をわかりやすく解説していきます。

僕が初心者の頃から書き留めているもので、実際に人に仮想通貨について教えたりする際に、かなり理解されているのでわかりやすいと思います。わからない用語がある場合は、ぜひ活用してみてください。目次から検索すると便利です↓

あ行

ICO

株式市場で言う IPO の仮想通貨版です。IPO というのは株式市場で上場していない企業が、証券取引所に上場することを言います。ちなみにInitial Public Offeringの略称です。

仮想通貨の ICO は仮想通貨取引所で一般公開されることが上場と同じ意味を持ちます。なので仮想通貨が仮想通貨取引所で一般公開される事を ICO と言います。Initial Coin Offeringの略称ですね。

例えば ICO プレセールというものを聞いたことがある人もいると思います。ICO のプレセールはまだ一般に公開されていない仮想通貨をまず、特定の人だけに購入してもらいます。その後、一般公開されると同時にその仮想通貨は支持を集めるものであれば値段が高騰していきます。

なので ICO で先に仮想通貨を買っている人が億万長者になりやすいわけです。正しい ICO は詐欺も多く計画倒れになることも多く、投資と考えた場合、ハイリスクハイリターンの投資といえるでしょう。

ICOの具体的な解説はこちらのページに書いてみました。
ICOの基本から上手い買い方と注意点など

ICO割れ

ICOで買った値段よりも低くなる現象。ICOは上場前のコイン(トークン)を安く買えるのがメリットですが、そのコインが上場すると値が上昇することが多く、その際に上昇した分の利益を狙って、ICOで安く買っていた投資家が大量にそのコインを売り、その分値が急激に下落する現象。もしICO割れするならわざわざICOで購入する必要はなく、上場後に売られて安くなった分を買った方が損しない投資になります。

アルトコイン

アルトコインとはビットコイン以外の仮想通貨のことを言います。ビットコインは最初の仮想通貨なのでビットコインという区分けをしている取引所などがあります。アルトコインはビットコインをもとに作られた仮想通貨なので、ビットコインとアルトコインというわけがされているというわけです。

もっと言うと仮想通貨の中にビットコインとアルトコインがあり、アルトコインの中にはイーサリアム・ライトコイン・NEM・モナコイン・ビットコインキャッシュなどがあるという事です。

暗号通貨

暗号通貨というのは、仮想通貨の海外での呼び名です。クリプトカレンシーというのが海外での呼ばれ方ですが、これを和訳すると暗号通貨となります。ただし、日本で普及する際に、仮想通貨として広まってしまったため日本では仮想通貨がメジャーです。なので暗号通貨でも仮想通貨でも同じものという事です。

AirDrop(エアドロップ)

エアドロップとは、トークン保有者に対して仮想通貨やトークンを配布する事。ちなみにトークンとはその仮想通貨発行元組織の株のようなものです。ICOでお金を集めた企業がトークン保持を目的に行う事が多い。理由としてはトークンを売られないための防衛策やICO成功のためのメリットなど、いくつかあります。ちなみにNOAHなどは40年間、毎年保有量の20%のエアドロップ(NOAH)配布が受けられますが、そのためにエアドロップしてくださいなどの指示がありました。ものによってはかなりお得なのがエアドロップなので、ICO参加を検討する場合はその点にも着目して選ぶと良いと思います。

か行

KYC

ICOなどでトークンを購入する際に入力する個人情報などをKYCと言います。パスポートや免許書、マイナンバーカードなどを写真で撮ってアップします。また、それに加えて、公共料金の領収書や住民票、銀行の残高証明なども必要なICOもあります。個人情報なのでむやみにアップするのはリスクがありますが、アップしないとトークンも買えないもの。あやしいICOは避けて、しっかりしたICOを選びましょう。

た行

TGE

TGE は ICO とは違う資金調達方法で、セントラリティという仮想通貨が世界で初めて行うた形式です。 TGEは Token Generation Event の略称です。

仮想通貨を作りました。
それを投資する企業が審査しました。
有望そうなら資金調達のイベントを作ります。
仮想通貨の会社が有望そうなので、そのトークンを買っておくと跳ね上がるかもよ?もしくは社会貢献性が高いよ!企業として応援してくれませんか?

投資者:よし、仮想通貨を送金してあげよう。
仮想通貨企業:お礼にトークンをあげましょう。

というものを作るイベントのこと。
ICOだとホワイトペーパーなど、その企業の主張を投資者予備軍が読み、投資するかしないかを決めます。その強化版でイベントがあるタイプということで、わかりやすさや、信頼度、規模などが違ってくるものが多いのかと思います。

トークンとは

トークンとは特定の企業やプロジェクトが発行するデジタルの株のようなものです。特定のサービスやプラットフォームを利用することを想定して作られているものです。例えばバンクエラのトークンを持っていると、バンクエラでの取引が行われるたびにバンクラエラトークを持っている人たちに、その20%が分散して与えられるサービスがあります。

その他よく使われるトークンの事例としては、 ICO で仮想通貨を集めるためにトークンを購入させるタイプです。コムサがコムサトークンというものを発行し、ビットコインやネムなどでコムサトークンを買わせることによって、購入者にはコムサトークンが手に入り、コムサには大量のビットコインやネムなどの仮想通貨が手に入ることで、その仮想通貨を資金としてプロジェクトを成功させるようビジネスをしていく・・・というような使われ方が代表的でしょう。

このトークンは特定の企業などから発行されているので、その価値は変動します。なので、伸びそうな企業のトークンを買うことで、その企業が成長するとトークの価値も高まります。このような所は株と同じと考えて良いでしょう。

トークンの売り買いで仮想通貨売買のように投資をしている人たちもいますね。日本の仮想通貨取引所だと、Zaifでトークンを買うことができます。

は行

マイニングとは

マイニングとは
政府・中央銀行が中央集権的に発行・管理しているお金。国に信用があれば価値が上がり、信用がなければ下がります。信用がとことんなくなれば最悪紙切れになる単なる借用書です。

これに対して仮想通貨というのは皆が認めてればお金になるお金。国や中央銀行という中央集権的な期間がなく、例えばBTCをお金として認めようというグループ。そのグループ内で使えるお金がBTCです。これはビットコインじゃなくてもよく、米粒でもシールでも紙切れでも良いわけです。

前置きが長くなりましたが、マイニングとはこの皆がお金と認めたものがやり取りされるグループ内で、仮想通貨が人から人へ移動したことを承認する作業のこと。皆が承認する必要があるが、これを簡略化するには一人の承認でいいわけです。この承認する作業をすると、仮想通貨がもらえるので、それがマイニングなんですね。

承認 → 報酬

皆がやりたがるので、難解な計算問題をプログラムが出し、一番にできた人がマイニングの権利を得られます。

これは皆が集中してしまうのを防いでいるということです。これがマイニングです。なので、よくイーサリアムで国家一つ分の電気代が掛かると言われますが、その原因がこのマイニングの難解さにあるのでしょう。

スーパーコンピューターを使って難解すぎる問題を誰よりも早くBTCなどの仮想通貨をもらうことを各企業が競っているため。1番に解けた人がマイニングの権利が得られて、報酬はまだ市場に出てないBTCを貰えるわけです。だから採掘とか言われるのでしょう。

世界中のマイナーより先にマイニングする。そのためには最速で計算する必要があり、そのためには凄いコンピューターが必要になる。なので一般人にはマイニングは難しいわけですが、そういう会社のコンピューターの権利を買うこともでき、個人でもマイニングは可能とされています。ポケットマイニングなどと言われる小型の機械を貸し出し、人を増やしてその機械を連動させてマイニングするものなどもあり、中には月利数十%出るなど、マイニングも色々とアツイ市場です。

-仮想通貨

Copyright© MMG4.com , 2019 All Rights Reserved.