お金・転職・仕事・アフィリエイトで結果を出すための実用知識の集大成

MMG4.com

仮想通貨

ノアコイン(NOAH)の最新情報

更新日:

2019/10/1 新ノアコイン配布

新ノアコイン配布

新ノアコイン(ノアプラチナムコイン)を新ノアウォレットに配布するメールがきてたので、10月2日にやってみました。

手続きは非常にシンプルなのですぐに終わります。しかし、できたのはいいですが、桁と額が足りない(笑)とりあえず情報待ちにしておきます。

BTCNEXTに残る旧ノアコイン

さらに、新ノアウォレットで凍結表示が出ている旧ノアコインは、BTCNEXTでは残ったままになっているので、この辺りも詰めの甘さを感じる部分ですね^^;
それにしてもNOAHの価格が酷い(笑)

ノアプラチナム移行で個人情報入力が求められる

ノアコインからノアプラチナムコインへリニューアルされるということで、BTCNEXTへNOAHを送金。

その後何日も過ぎた頃、メールやLINEなどで、購入したNOAH数やいつ購入したか、MEWのアドレスやLINE-IDなどなど多くの情報をアンケートフォームで収集されることに。

以前のメールやLINEでは全て把握しているからBTCNEXTへNOAHを送ってくださいと書かれていた矛盾点などが不安を与えてコミュニティも大混乱。

悪い点は、説明不足とわかりにくさ(外国語の翻訳だから?)

良い点は、他の仮想通貨に比べるとかなり精力的に連絡や動きがあること。

ビジネスなので利益を出すためにやっている部分があるので、冷静に見ておきたいものです。ノアシティはどうなってるんだか(笑)

2019 BTCNEXTにて新ノアコインへ移行

2019年6月、独自ブロックチェーンに移行するため旧ノアコインを消滅させ、新ノアコインになるという事で、BTCNEXTという取引所でへノアコインを送金することになりました。

BTCNEXTはノアプロジェクトが運営しているらしいですが、ノアコインが独自トークンではないという謎(BTCNEXTトークンというものがある)。

とりあえずBTCNEXTに新規登録して、MEWから送金して完了。これだけでエアドロップ分も引き継がれるという話。

ノアコインからBTCNEXT後のエアドロップ画面

後日確認すると、次のような表示が出ていました。

保有NOAHが元本に満たないため、追加のNOAHは付与されません

泉忠司氏のLINEでは、とりあえず送金して大丈夫と言う事でしたが、この表示に関しては触れられていません。その辺の危うさがこの業界らしいアバウトさですね(大金入れてる人も大勢いるのにザックリ感がすごい)。

友達がBTCNEXTに問い合わせたら、「知らないからノアプロジェクトに聞いて」という返信がきたらしい・・・ま、もうやってしまったので適当に待つ感じで(笑)

BTCNEXT参考ページ

その他、ノアコインの現状は、以下の通りの進捗があるようです。

  1. CEZA(フィリピンのカガヤン経済特区庁)で暗号通貨取引ライセンス取得
  2. エストニア共和国でで暗号通貨取引ライセンス取得
  3. 中国銀聯ユニオンペイとの業務提携
  4. BTCNEXT取引所開設

最近はBTCが140万円前後を推移していたり、Facebookが独自のコインを出すという話が出るなど、やや暗号資産業界も変化がある状況です。NOAHなども含め進捗を待ちましょう。

ノアコインのエアドロップ

ノアコインをAirDropしてみるとこんな感じになります。あとは信じて寝て待つ感じでしょうか。

ノアコイン情報のまとめ

ノアシティ開発予定地

ノアシティ開発予定地が見れます。野原で、近くに他の街があるらしい。この開発予定地にどの程度で街ができるのかですが、ホワイトペーパーを見ると2022年にNoahリゾートでNoahトークン利用開始とされており、2023年にNoahシティーでのNoahトークン利用開始となっています。

なのでこの動画の当時から考えると最低でも5年以上は期間がある計算になります。契約ごとが大半でいて、着工するだけなら間に合いそうな期間でしょうか。

ノアコインの流れ

  1. 2017年1月1日 プレセール開始
  2. ノアコインは詐欺だとネットでデマが拡散される
  3. 2018年3月13日 深夜に、HitBTCに上場
  4. NOAHが数日間高騰し、その後下落。1円前後で安定
  5. 2018年4月27日 にChangelly(チェンジリー)に上場

ノアコインは、アークシステムズテクノロジー.incという会社、フィリピンの国会議員などが関わっていて、ノアファウンデーションという会社が運営しているようですね。実現すればフィリピン国内に大きな影響を与えるような仮想通貨と言われていますが、一部からの情報なので、自分で情報を集めて検討するのが良いと思います。全体的には下記のようなものを掛け合わせたプロジェクトになっていて、フィリピン関連の事業&仮想通貨になっている模様。

  1. 仮想通貨
  2. 金融
  3. 都市開発
  4. リゾート開発
  5. 有機農業
  6. フィンテックトランザクション
  7. 決済

その他に、ミンダナオ島、オーガニックオスメニア2020、グローカート、ウーバーライジングというキーワードが出てきているので調べてみるといいと思います。

有機農業

ざっくり言ってしまうと、このミンダナオ島という島がメインになっており、オーガニック野菜などを栽培してそれらを売り買いしたり、手数料を減額したり、流通させたりするのにノアコインを使用するという構想があるようです。

このミンダナオ島で最初にテストし、それがうまくいったらどんどん拡大していくという構想があるようですね。

ノアシティ・ノアリゾート

またこの他に、ノアシティやノアリゾートというものが構想されています。
こちらはフィリピンに既にある遊園地などの土地などを含んだこうそうになっていて、一大リゾート地が出来るというもの。

そして契約は済んでおり冒頭で言った議員がオーナーということ。
この辺り一帯をノアリゾート都市ノアコインが使えるようにプロジェクトが進んでいるようです。

これは1983年から開発中とのこと。
ただ、すでに95%は開発済みで、残りの5%を開発しているということです。
そこに個人で投資することができるという部分でノアコインが絡んでいるようですね。

ノアコインICO開始

2018年2月13日(火)5:00に開始されたノアコインのICO募集。
朝早くから注文ページに人が殺到し、いきなり繋がらない事態に。

ICOはどれもそうですが、買えそうで買えない人が続出しますね。
弱い取引所などはアクセスが集中し過ぎてフリーズしたり、サーバーが落ちる事もあるようです。

募集ページへ行き、1口=0.1BTCから購入でき、0.1BTCで購入した場合、117647.0NACと表示されました。
僕はとりあえず0.2BTC分購入しておきました。

  1. セールスページからメールアドレス入力
  2. メールが届き、個人情報入力(事前に登録している人は個人情報入力なし)
  3. 決済(QRコードやアドレスに他の取引所やウォレットから送金する)

この3手順で購入完了です。

僕の場合はいきなり購入ボタンのないLP(セールスページ)が表示され、購入ボタンを数分探すということになりました。
その後、いくつか送られて来たメールのURLをクリックしたら、購入ボタンが表示されていたので、そちらをクリックして購入した状態です。

アクセスが殺到し過ぎて全然繋がりませんでしたが^^;

その後、4時間経った後に見てもまだ販売中ですね(笑)
セントラリティは6分で売り切れたらしいですが、ノアコインは5分も経たないうちにハードキャップの1億ドルを「申し込みベース」で超えたんだとか。
ハードキャップを超えるとシステムが閉じらるという話もしているので、12時間以上経った今でもまだ買えるという胡散臭さは残りますね^^;
ちなみにNOAH PRLJECTの連絡では18:00で受付終了したとのこと。

ちなみにその後きたメールでは、3分で120億円相当が完売と書かれていました(泉忠司氏のLINE)。
まぁ、どれが本当なのかはわかりませんが(笑)

僕は購入完了メールも届き、とりあえず二口買ってみたので、どうなるか期待しつつ他の作業に没頭して忘れようと思います(笑)

-仮想通貨

Copyright© MMG4.com , 2019 All Rights Reserved.